内祝いの贈る時期

内祝いには種類やマナーがある

内祝いは結婚や出産などで両親や親戚、友人などから頂いたお祝いのお返しとして送ることをいいます。内祝いにはいくつかの種類やマナーがあるため注意が必要です。特にお祝いを頂いてからどれくらいの時期に内祝いをすればいいのか、あまり知る機会はありませんよね。そのようなときには一般的にこれくらいの時期に内祝いを送る、というおおよその時期を知っておくことは大切です。

例えば出産祝いで頂いたお祝いに対して送る内祝いは、赤ちゃんが生後一ヶ月になりお宮参りをする頃がベストだといわれています。出産後の目まぐるしい日々や母子の体調などを考えると、出産後すぐには内祝いを送る余裕はありません。そのため事前に下調べをしたり送るものを考えておく人もいます。

結婚内祝いや新築内祝い

結婚祝いをして頂いた方へのお返しは、披露宴にお招きした方々からご祝儀を頂いた場合、披露宴での食事や引出物が結婚内祝いになります。一方で披露宴をしなかったけれど結婚祝いを頂いたり披露宴に招くことが出来なかった、高額なものを頂いたなど様々なことがあります。そのようなときには、結婚した日から一ヶ月以内に結婚内祝いを送ることがすすめられます。

新築祝いは家を建てたことに対するお祝いであり、そのお返しに品物ではなく新しい家のお披露目を兼ねて招待し、新築内祝いをすることもあります。相手の都合が合わなかったり遠方にいて招くことが難しいときには、品物を送るなどします。どちらも引っ越しから三週間から二ヶ月が目安です。